ユーウツが病気へと発展するうつ病との向き合い方を知ろう

なんか変だなと思ったら

最新のお知らせ

増える患者

元気

社会環境でのストレスが原因で誰でもなりうる病気がうつ病です。最近では小さい子供のうつ病も増えているので今後も増え続けると思います。また、うつ病は自分では気づきにくいので周りが注意して見てあげる必要があります。

完治にむけて

頼れる相手

うつ病は症状や治療方法も様々なものがあり難しい病気ですが、それと同時に完治する病気でもあります。完治するためには、本人や周囲がそれぞれ注意しなければならない点も沢山あります。正しい治療方法で治していくことが大切です。

うつの歴史

1から学べるサイトです。うつ病について知りたい人は、専門家の情報が詰まってこちらのサイトがオススメです。

カウンセリング

うつ病は現代病のように思われていますが、実は紀元前の古代ギリシャの医学者によってすでに研究されていたのです。 この頃は人間が形成されいるうちの1つである、黒胆汁が多いと人ほど憂鬱になると考えられていたのです。 現代ではうつ病は精神科で治療することができますが、日本で初めて精神科が作られたのは明治8年だと言われています。そして昭和25年になると精神衛生法が制定されて、全国に精神科が設置されていったのです。 このようにうつ病とは決して現代病ではなく、昔からあった病名の1つなのです。現代ではうつ病は精神科で薬を使うことによって改善できるようになっており、昔に比べて原因もわかっているため治療しやすくなっているのです。

うつ病は様々な原因から発症してしまい、軽度のものから重度なものまで人によって異なっています。ストレスや精神的なショックによって脳から分泌されるセロトニンの量が減ってしまうことによって気分が落ち込んだり楽しめなくなってしまうのです。 抗鬱剤などを使うことによってセロトニンの分泌を促進させるなど治療できるようになっています。 しかしうつ病は心の中にストレストなる原因を抱えている限りはなかなか改善させるのは難しいため、今後の動向としてですが精神科でもカウンセリングを導入していくところが増えていくのではと考えられます。 日本でもカウンセリングを重視しており学校や会社などで導入しているところも増えているため、病院などでも積極的に取り入れていくと予測されます。

中年男性

恋人のうつ病

付き合っている方との関係が原因でうつ病になってしまう方がいます。このような事が原因でうつ病になってしまう方は若い世代の女性の方に多いです。医師や友人に相談などをして少しでも気持ちを楽にする事が大切になります。

老人

気づかせること

仕事が原因のうつ病の場合は周りの方が気づかせてあげることが重要になります。なぜ周り方が気づかせてあげなくてはならないのかですが、本人は気づく事ができないからです。また話などを聞いてあげることも大切な行動になります。

不安な時には

医者

うつ病かもしれないと自分で不安になってしまった場合にはなるべく早く病院に行って診察やカウンセリングを受けるようにしましょう。良い結果の場合は安心できますし、悪い結果でもすぐに治療に移る事ができるので、完治が早くなります。

詳しくよんでみよう

正しい知識

医師

うつ病は特別な病気ではありません。性別や世代を問わず、誰にでも発病する病気です。本人や家族や友人が、うつ病に対しての正しい知識を持つようにしましょう。また、うつ病は薬を飲み続けることで症状が改善されます。

詳しくよんでみよう