ユーウツが病気へと発展するうつ病との向き合い方を知ろう

なんか変だなと思ったら

正しい知識

受け入れることが大事

医師

うつ病を特別な病気と思っている人がたくさんいます。しかし、性別はもちろんのこと、世代を問わずに誰にでも発病する病気です。自分は絶対に発病しないと考える人も多いですが、絶対に発病しないとは限りません。 発病すると大きなショックを受ける人もいます。体の調子が悪いから病院に行った、そうしたら医師からうつ病と言われた、これを受け入れられずに平静を装う人も多いです。そして、無理をしながら生活することになり、余計に悪化させてしまうのです。 本人はもちろん、家族や友人がうつ病についての正しい知識を持ち、早期に治療することが重要になってきます。現在は、うつ病になっても周りから理解されないと言うような時代ではありません。

薬の服用を拒む場合

うつ病は、薬を飲み続けることで症状を改善させることができます。しかし、薬の服用を途中で中断してしまう人も多いです。これでは、いつまで経っても症状は改善されません。とは言え、無理矢理飲ませると言う行為もいけないわけです。まずは、本人の話をしっかり聞いて、薬の服用を拒む理由を明確にすることが大切です。そして、服用を続ける手立てを考えましょう。 また、うつ病の薬は、胃もたれや吐き気と言った副作用があらわれることがあります。副作用が出たら迅速に医師に相談しましょう。 胃の具合が悪くなると食欲が低下してしまいます。この場合も無理に食べさせるのではなく、牛乳やゼリーなどの食べやすい物を食べさせるようにしましょう。