ユーウツが病気へと発展するうつ病との向き合い方を知ろう

なんか変だなと思ったら

増える患者

誰でもなりうる病気の一つ

元気

近年、うつ病患者が増えてきています。 社会にストレスを感じたり学校生活での不満などが原因です。 社会環境で問題にもなっているパワハラやモラハラなどにプラスして、人間関係などの拗れからうつ病になる方が増えています。 大人以外にも、子どももうつ病に悩まされている子はたくさんいます。その背景には人間関係や学校に何らかの不満を持つ子が増えたためだと思います。 昔よりも、デリケートな子どもが多いためうつ病になりやすいのです。 社会環境や学校環境などが改善されない限り、この病に苦しむ方は増え続けると思います。 うつ病は自分では気づきにくいため、周りの方が注意して見てあげる必要があります。 快適に過ごせる社会環境や学校環境が整っていって欲しいものです。

おかしいと思ったら病院へ

うつ病ですが、まず自分で気づく方は少ないと思います。 症状も、体が怠く感じたり何もやる気が起こらないなど風邪などの症状に似ています。 また、違う病気の場合もあるので中々自分では気づきにくいのです。 そうしてる間に症状は悪化しどうすることもできなくなってします。気付くのが遅いと大変な事になってしまうので注意が必要です。 周囲が気付いてあげることで進行を予防出来て、軽度のうつ病なら治るのも早いです。 なので、様子がおかしいと感じたら病院へ連れて行ってあげるなどをしてあげると良いと思います。 また、周りのサポートも必要ですからしっかり支えてあげて欲しいと思います。 うつ病になることは恥ずかしい事ではないので病院に行って早く治して欲しいと思います。